NHKラジオ語学講座 2022年度おすすめ番組は?

継続的な語学学習をしたい人におすすめなのが、NHKの語学番組です。長い番組でも1回15分程度なので、気軽に聴くことができます。1回あたりは短くても、これを毎日(月~金)繰り返せば確実に実力アップにつながります。

コスパの良さも魅力です。お金はかかるとしてもテキスト代くらい。番組にもよりますが一月あたり400~500円程度なので、手軽に始めることができます。

様々な言語の番組がありますが、やはり特に充実しているのは英語です。自分のレベルや、英語を学ぶ用途・目的に合わせた番組を選択可能です。

番組情報・バックナンバーは公式サイトから!

現在どんな番組があるかは、NHKの公式サイトから確認できます。意外と入れ替わりは激しく、長年続く定番番組から、時代のニーズに合わせた新番組まで様々。

NHKゴガク | NHKゴガク

上に挙げた「NHKゴガク」は、NHKの語学番組のポータルサイトです。各番組の一覧と内容が紹介されています。それだけでなく、各番組の過去数回分の放送もストリーミングで視聴できます。これが非常に便利で、ラジオと言いながら主にネットで聴いている人も多いと思います。

スマホならアプリの「らじる★らじる」でも同様の内容が視聴できます。

NHKラジオ らじる★らじる ラジオ第1・第2・NHK-FM - Google Play のアプリ
『NHK公式ラジオアプリ』 スマホやタブレットで、NHKのラジオ番組をお楽しみいただけます。

以下では、特におすすめの番組をいくつか紹介していきます。

ラジオ英会話

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる
NHKラジオ らじる★らじる で配信している聴き逃し対象番組の一覧ページです。

英会話の定番番組です。英会話の勉強をしたいなら、まずはこの番組から。レベルとしては高校生~大人を広く対象としています。

NHKラジオラジオ英会話 2022年 04 月号 [雑誌]

NHKラジオラジオ英会話 2022年 04 月号 [雑誌]

550円(10/02 09:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

英会話タイムトライアル

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる
NHKラジオ らじる★らじる で配信している聴き逃し対象番組の一覧ページです。

こちらも英会話をテーマにしていますが、会話の瞬発力を鍛えることをコンセプトにしています。番組中、頻繁に視聴者に質問をしてくるので、それに制限時間内に答えていく形式です。より実践に近い英会話力を鍛えたい人におすすめ。

NHKラジオ 英会話タイムトライアル 2022年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHKラジオ 英会話タイムトライアル 2022年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト)

459円(10/02 09:44時点)
発売日: 2022/03/14
Amazonの情報を掲載しています

ボキャブライダー

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる
NHKラジオ らじる★らじる で配信している聴き逃し対象番組の一覧ページです。

2017年開始の番組。単語とその使い方をテーマにしています。毎回テーマがあり、そのテーマに関連する単語を4つ取り上げ、使い方と例文を紹介しています。なお過去にはTV番組版との連動でしたが、現在はラジオのみとなっています。

1回5分と短い時間で聴けるのがポイント。ちょっとした時間に聞きやすいです。1回あたりは短いですが、継続して聞き続ければかなりの効果が期待できます。

ちなみに他の番組と違いテキストはありません。ですが過去の内容を書籍にまとめたものが何冊か発売されています。

ラジオビジネス英語

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる
NHKラジオ らじる★らじる で配信している聴き逃し対象番組の一覧ページです。

ビジネス英語ならこの番組。

2021年開始と意外と新しいです。これは以前までは「入門ビジネス英語」と「実践ビジネス英語」に分かれていたのが統合されたことによります。現代的な話題も多く取り入れているので、すでに英語に自信がある方でも、知識のアップデートのために一聴の価値あり。

NHKラジオラジオビジネス英語 2022年 04 月号 [雑誌]

NHKラジオラジオビジネス英語 2022年 04 月号 [雑誌]

550円(10/02 09:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

2022年度新番組!「ニュースで学ぶ『現代英語』」

ニュースで学ぶ「現代英語」 | NHKゴガク
現代英語とは、世界で実際に使われている英語です。最新の英語ニュースをとおして、生きた英語を身につけましょう。

こちらは、2022年4月から開始の注目の新番組。2021年度まで放送されていた「ニュースで英語術」と「高校生からはじめる『現代英語』」が終了するので、両番組のコンセプトを引き継ぐものと思われます。時事系の番組が1つにまとまってくれたのは、時間節約という意味でもありがたいかも。

1か月以内程度の比較的新しいニュースを題材に、ヒアリングと解説をしていく番組となっています。実際のニュースの音源が使用されているのはNHKならでは。テキストはなく、英語原文や解説はすべて公式サイトに載っています。このあたりも使いやすいですね。

実際に聞いてみた感想はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました